読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ロボットでした I was a Robot

20代、iwasaの無職旅日記。世界一周したときの話、マネーやキャリアの話などなど



2014/01/06 休業日記1日目:朝3~5時帰りを2ヶ月やってたらうつ病になりました

この休業日記を書きはじめるにあたって

昨日まではお正月休み。世間の皆さんは今日から仕事始めです。

今日から1月31日までのおよそ1ヶ月仕事を休むので、毎日を無駄に過ごさないように記録をつけようと思います。

学生時代の夏休みや長期休暇はお金もなく工夫もしていなかったので、だらだらと過ごしていた記憶があります。26歳(休業が終わる頃には27歳)の1ヶ月は無駄にはしたくないなぁと。

この日記が3日坊主で終わらないといいのですが。

 

なぜ休業するのか:朝3~5時帰りを2ヶ月やってたらうつ病になりました

f:id:iwasarobot:20140115154030j:plain

自分でも驚きなのですが、2013年末に「うつ病」と診断されたためです。

まさか「まじめな人がなる」といわれている病気に、ふまじめ・自分第一・残業嫌いの自分がかかるとは、みじんも予想しておりませんでした。

 

2013年頭に転職して以来、入社時の希望通り、海外プロジェクトを複数経験させていただいておりました。

自分のスキルの未熟さを感じながらも、前職での経験・希望とマッチしたプロジェクトで、新しい仕事に非常にやりがいを感じていました。

 

2013年秋に帰国し、初めての国内プロジェクト。

このプロジェクトの半ばに、前述の通り、自分でかけらも予想もしていなかった「うつ状態」と診断されることになりました。

連日連夜、朝4時、5時帰宅して5~6時に就寝、朝10時に出社。昼食・夕食は時間短縮のためコンビニ弁当です。このスケジュールでは、今まで続けていた英会話のレッスンもとてもじゃないですが続けられません。

とはいえ4~5時間は睡眠時間が確保できていたので、当初2週間ほどの間は「忙しいけど、そこまで悪い労働環境じゃないよな」と思い、長時間労働をネタにしていました。

体調が悪化したのは半月経過した頃です。日中に動悸が激しくなり、息切れがするようになっていました。しかし、「おかしいな、睡眠不足かなあ、アラサーだから体力なくなってきたわ・・・」くらいに考えていました。

 

「なんだかヤバイぞ」と感じ出したのはプロジェクト開始から1ヶ月ほど経過した時期でした。

私がプロジェクトに参加したのと同時期に入った新人さんが心身の不調を訴えていました。「夜眠れないし、日中には心臓の鼓動が大きくて苦しいんです。生理も止まってしまいました」

周りの仲間も心配し、人事に相談したらどうか、いや一度産業医さんに見てもらったらどうか、うつ病はいつ誰がなるかわからないんだから・・・と口々に新人さんにアドバイスしていました。

 

しかし、よくよく思えば自分にもまったく同じ症状が出ていたのです。新人さんと違う点といえば、「朝目が覚めているにもかかわらず、体が重くてベッドから抜け出すのに数十分間を要する」という点を付け足す必要がある、ということくらいでしょうか。

家族が一時期うつ病を罹患していたことがあり、万が一ではありますが、うつ病が発症・長期化すると仕事を休まなくちゃいけない、これは大変だぞ、という考えが頭をよぎりました。

うつ病になることは避けたい。現在の症状の軽減とうつ病予防のために、一度ちゃんと病院で診てもらおうと思いました。

メールで社内の産業医さんを予約し、産業医経由でメンタルクリニックを紹介してもらい、声高らかに「うつ病の予防策を教えてください!」と先生に相談。

が、そこで先生が一喝。

「あなたはすでにうつ状態です。うつ病を予防するには仕事時間を減らすしかありません!」

 えーっ。そうなの。

どうやらクリニックの受付で渡されたアンケートの回答内容がうつ病診断の基準に合致していたようです。まさか、自分が、という衝撃が私を襲いました。

しかし幸いなことに、この時点で年末年始休暇が1週間後に迫っていました。

 

「年末年始でしっかり休んで、1月からのプロジェクトに備えて体調を整えようと思います」

自分がまさかなるまい、と思っていたうつ病と診断されてしまった。意気消沈しつつも私はホームオフィスに電話連絡しました。

私が勤めている企業は一応外資系といわれる企業で、いわゆる「アップ・オア・アウト」の人事がなされているので、万が一休職が必要となればクビ!という可能性もありました。

しかし、ボスから返って来たのは意外な返事でした。

「役員と相談したんだけど、年末年始だけじゃなく、1ヶ月しっかり休んで、体調を万全にしたほうがいいんじゃないかな?」

なんと幸せなことに、2014年1月いっぱい、休暇をいただけることになった私は、1日1日を無駄にするまい、と新年の朝日に誓うのでした。

 

本日やったこと:アクティブすぎて自分がほんとにうつ病なのか疑わしい

というわけで、ありがたくもいただいた約1ヶ月の休暇を有効活用すべく、毎日の記録をつけておこうと思う所存でございます。

 

今日はわれながらアクティブな1日でした。

うつ病の患者さんって、もっと「ああ、あれもこれもやりたいのにしんどくてできない・・・」という感じだと思っていたんだけどなあ。

本当に自分がうつ病になっているのか、われながら疑わしく思えます。笑

いっそのこと薬を飲まなくてもいいんじゃないか、なんて思ってしまうのですが、お医者さんが「くれぐれも自分で勝手に飲むのをやめないように!」とおっしゃっていることからみて、同様に感じて服用をやめ、病状が悪化してしまう患者さんがいるのがろうと推測。自重自重。

  • のど風邪のため、英会話のレッスンをさっそくさぼってしまいました。反省。
  • 歯医者にて虫歯治療:出張前に放置していた虫歯の最後の1つを治療・・・のはずが、新たに虫歯を2つ発見されてしまいました。がっかり。
  • 社用PC(Win)で発生していた特定の文字が変換されないエラーを、IMEプロパティ→ユーザー辞書→修復 で回復。これも後でBlog記事にしてみようかな。
  • 休職関連の書類作成。
  • 書籍の整理:引越し時から放置していたダンボールの最後の3箱が片付きました!
  • ブックオフ:CDと書籍を引き取ってもらった結果、5,000円になりました。ラッキーです。
  • フィリピン留学に向けた航空券、宿の手配。航空券はSkyScanner、宿はAgodaで予約しました。定番ですね。