ロボットでした I was a Robot

20代、iwasaの無職旅日記。世界一周したときの話、マネーやキャリアの話などなど



セブ島・サウスピークでのフィリピン留学。寮とホテル、どちらを選ぶべき?

すでにフィリピン留学の思い出も2週間前のものとなりました、iwasarobotです。

これからフィリピン留学(特にHAL_Jさんが学長を務めるサウスピークでの)を検討されている方へ、滞在先の選び方についてTipsを残しておこうと思います。

 

結論からいいますと、短期滞在なら寮を選んだほうが利点が多い、と私は感じました。

※ただし、

  • 真面目に勉強したい人
  • 集団生活への抵抗が少ない人
  • 合宿所や安宿のような場所での寝泊りに抵抗がない人

に限ります!

  

留学中、寮に滞在する3つのメリット

  1. 勉強時間をより長く確保できる
  2. 市内を登下校する必要がなく、楽で安全
  3. 知り合いを作りやすい

以下に詳細をご説明します。

 

1.勉強時間をより長く確保できる

 f:id:iwasarobot:20140203204709j:plain

これは特に目的意識を持ってフィリピン留学される方には大きなメリットだと思います。

私が学んだサウスピークの女性寮は校舎内にあるため、自習室から部屋まで数十秒。

同じ部屋になったメンバーは皆22時~23時過ぎまで自習室で勉強していました。また朝5時に起床し、朝7時の朝食まで集中して勉強される朝型の生徒さんもいらっしゃいました。

校舎内の寮であれば、午後の自習中に強烈な眠気に襲われたら部屋に撤退して即仮眠!なんてことも可能です。

私はよくおやつを食べに部屋に戻っていました。

 

 

2.市内を登下校する必要がなく、楽で安全

 

ホテル住まいを選んだ場合、あまりに夜遅くまで勉強するとホテルまでの夜道が危険です。

たった徒歩数分・・・とお考えかもしれませんが、その数分の移動の間に複数のストリートチルドレンにからまれた、という女性の生徒さんもいらっしゃいました。

夜まで勉強したいけれど、ホテル滞在は捨てがたい!という方は、バスやタクシーでの通学送迎サービスがある留学先をお選びになるのも手です。

 

また、意外と面倒なのが通学の際の荷物です。

何冊もあるテキストや参考書、辞書などを持って毎日通学するのはなかなか面倒。

サウスピークではホテルやドミトリー住まいの生徒さん用に、「置き教科書」用の棚が用意されてました。

しかし、上述のようにホテル滞在者は深夜まで学校で勉強することは難しいため、夜はホテルに帰って勉強することになります。

そのためには教科書を持って帰る必要がありますので、教科書全部を置きっぱなしにすることは難しいかもしれませんね。

 

(もちろん、そんなに夜遅くまで勉強しない!という方には全く問題ありません!笑)

 

 

3.知り合いを作りやすい

 

これは特に短期滞在の方にいえることですが、とにかく留学中は時間がありません!

私のサウスピークでの滞在は1週間のみでしたが、予習、復習、スピーチ原稿作りにと目が回る忙しさでした。

自習をしっかりやる語学学校においては、自習室が「私語禁止」とされている所が多いのではないでしょうか。

また、あなたの留学先がマンツーマンレッスンばかりでグループレッスンが無い学校であれば、他の生徒と親交を深めるチャンスはより少なくなることが予想されます。

最悪の場合、知り合いを作れるチャンスは食事中と週末だけ!ということになってしまうかも。

 

寮滞在を選べば、同じ寮で生活する生徒をはじめ、知り合いを作るチャンスはホテル住まいの何倍も多くなります。 

長期滞在やご友人と一緒に留学される方であればあまり問題にならないかもしれませんが、一人かつ短期滞在の方には寮生活のメリットが大きいのではないでしょうか。

 

 

以上、ここまで寮住まいのメリットをご紹介いたしましたが、前述の通り

  • 真面目に勉強したい人
  • 集団生活への抵抗が少ない人
  • 合宿所や安宿のような場所での寝泊りに抵抗がない人

これらに当てはまる方はメリットを享受できると思います。しかし上記に当てはまらない方にはデメリットも多く、必ずしもおすすめできません。

 

プライベートな時間を重要視する方、新興国での暮らしに不慣れな方などは、まずはホテル滞在を選んだ方が生活に支障が少ないかもしれません。

長期滞在であれば、途中でホテルから寮への変更も可能かもしれませんので、学校に問い合わせるのも手です。

 

ご参考になりましたでしょうか? 

iwasarobot