読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ロボットでした I was a Robot

20代、iwasaの無職旅日記。世界一周したときの話、マネーやキャリアの話などなど



【オンライン英会話】BBCを使ったレッスンでスピーキング対策!【QQイングリッシュ】

英語 復職日記 TOEIC SW Test

今月はスピーキングを集中特訓しています

先週TOEIC SWテスト(スピーキング&ライティングテスト)を受験し終えたのですが、現在も引き続きスピーキング対策を継続しています。

復職1ヶ月目なので、人事&産業医による終業制限がかかっており、今月は残業できないのです。コンサルなのに。コンサルなのに!(大事な事なので2回)

せっかく定時で帰れるこの時間を有効活用しないでどうする!ということで、いつもは朝受講しているオンライン英語レッスンを帰宅後にも受講し、スピーキングにフォーカスしたレッスンを受けることにしました。

f:id:iwasarobot:20140226235010j:plain

 

QQEnglishを活用してスピーキングを強化しよう

私が利用しているオンライン英会話サービスは「QQEnglish」さんです。
2012年秋から2014年2月現在まで、およそ1年半ほど利用しています。
ふだんは「Callan Method」というコースを受講しているのですが、このレッスンは講師が話した英文を間髪入れずリピートするというものです。

リスニング力や文法、ディクテーションの力などを身につけるにはいいプログラムだと思うのですが、なかなかこのレッスンだけでは会話力は身につけることができません。

そこで、QQEnglishで用意されているレッスンの中からスピーキング力向上につながりそうなものをチョイスして、帰宅後の時間に受講する事にしました。

 

私が選んだコースは「Topic Conversation」と「News Alert」です。

 

TOEIC800点前後を取る能力があるならNews Alertがおすすめ

この2つのレッスンを受講してみてのレビューですが、
「ある程度ボキャブラリーがあり、海外旅行での英会話には困らない」というレベルの方なら「News Alert」がお勧めです。

理由は2つあります。

  1. Topic Conversationより語彙がより実用的
  2. 自分が話す時間がTopic Conversationより長い
  3. 意見を求められることが多く、理論立てて英語で返答する訓練になる

以下、詳細にご説明します。

 

  1. Topic Conversationより語彙がより実用的

「Topic Conversation」のレッスンは一般的な英会話です。映画やスポーツ、音楽など「当たり障りのない」「日常的な」テーマが中心となっています。

対してNews Alert」のレッスンではBBCの「Learning English」というwebサイトを使い最新のニュース、とくに議論の的になっているような話題を扱うことが多くあります

BBC Learning English - Home

 

思い返してみてください。
初対面の人とスポーツや映画について話す場面というのは、日本語でもあまりないのではないでしょうか?

 それに、何よりも問題なのが「自分が興味を全く持っていないテーマ」に当たってしまう可能性があるということです。

興味のない、映画やスポーツに関する語彙を増やしても、将来その単語を使う場面が来るでしょうか?

個人的な経験から言えば、間違いなく、そんな単語を使う日は来ません!

 (よっぽど営業職かなにかで世間話をする必要がある人は除きますが)

 

いっぽう時事問題であれば、ビジネスシーンでもちょっとした会話(エレベーター・トーク)のネタに使えますし、経済関連のニュースなら仕事にも活きる語彙を学ぶことができます。

 

 2.自分が話す時間がTopic Conversationより長い

これはたんに、QQEnglishにおいて「News Alert」のほうが「Topic Conversation」よりも上級者向けのレッスンと位置づけられているためです。

講師がなるべく生徒に発音させ、単語の説明をさせたり、意見を述べる事を求めるなどして、生徒が話す時間を増やしてくれようとします。

ピーキング力を鍛えるためには、レッスンの25分間でいかに長く自分が話すかがキモですから、これは重要な違いといえるでしょう。

 

 3.意見を求められることが多く、理論立てて英語で返答する訓練になる

上の項目でも述べましたが、「News Alert」では講師が生徒に意見を求める場面が多々あります。

例えば、「ゲイの結婚を違法とする事についてどう思うか?」なぜ日本人は捕鯨をするのか?」といった質問に対し、論理的に英語で回答する必要があります。

ビジネスへも、そしてもちろんSWやTOEFLといったスピーキングテストに対しても、素晴らしい練習になります。

難しそうに思えても、正しい言い回しを講師が教えてくれますので、その言い回しをメモっておき、次のレッスンで使えばOKです。

(メモっておくだけだと100%忘れますので、必ず覚えた言い回しや語彙は次のレッスンで使うように心がけましょう!) 

 

以上3点の理由で、QQEnglishを利用してスピーキングの特訓をしたいあなたには是非とも「News Alert」の受講をお勧めします!

 

 

【2/17-2/23週の英語学習記録】

  • Callan Method 25分 x 4コマ =100分
  • News Alert 25分 x 2コマ = 50分
  • Topic Conversation 25分 x 1コマ = 25分

オンライン英語の学習時間合計 175分 = 2時間55分

今週はオンライン英語レッスンに加え、3月のTOEICテスト対策も平行して行っています。
1年ぶりのTOEICテスト、一発でいいスコアを取って気持ちよく会社に提出したいものです!